こんにちは。三島友紀FP事務所の三島です。

以前【ライフプランニングにおいて把握しておくべき7つの項目】という記事において、ライフプランを作成する上で必要な7項目を解説させていただきました。その後、よりそれぞれの項目を細かく解説してほしいというご要望があったので、1つ1つ細かい解説をさせていただきます。

最初はライフプランをするにあたり、一番大事ともいえる「ライフデザイン」についてです。

ライフデザインとは

この仕事をしていますと「いい節約法は無いのか?」であったり、「いい投資法を教えてほしい」と言った質問をいただく機会があります。

もちろん私も常々お伝えしているようにお金は大事です。将来の突然の災難(リストラ、病気、介護…)を回避したり、将来の選択肢を増やすことができます。そのためにお金はしっかり貯めるべきだと思いますし、その貯める為の方法論やテクニックも大事ではあります。

ただ、私が今回お伝えしたいのはそういう小手先のテクニック等よりも、もっと大事な事があり、
それがライフデザインを決めるという事なのです。

ライフデザインと言うと難しく感じますが要はあなたがやりたい事、なりたい状態など。夢や目標の事を言います。

あえてもう少し抽象的にいうと価値観です。

これを定めないで、せっせと小手先のテクニックや、節約方法。投資方法に頼ってお金を貯めようとするとどうなるかわかりますか?
価値観。目標が定まっていないので「なんの為にお金を貯めているのか」という点がブレブレになってしまうのです。

そのような状態だと、せっかくお金を貯めようとしているのに

誘惑につられてセールで散在してしまったり

使わない有料サービスを申し込んでしまったり。とお金を浪費していく事が想定されます。

そうなってしまうとせっかくの節約情報。お得なテクニックがまったく意味を成しません。

0.5%の投資信託の手数料の差だとか、電子マネーの20%のキャッシュバックなどふっとんでしまいます。

それだけお金を貯める時に価値観・目標。つまりライフデザインを考えるというのは大事な事なのです。

他にも同じような例はたくさん…

同じように価値観・目標を定めることが大事だよ。という例は他にも実はたくさんあります。

部活動・クラブ活動

私は野球が好きなので野球で例えてしまいますが、絶対甲子園で優勝する!と普段から練習している高校と、
特に目標を定めず、上手くなりたい。強くなりたいとだけ思って練習している高校があるとします。
この二つの高校がどちらも県立の強豪校ではなく普通の高校で実力も互角だったとして、1年後にどちらが強くなっているか考えてみましょう。

色んな要素が絡むとは思いますが、一般的には甲子園で優勝する!と思っている高校の方が強くなるでしょう。

これは目標が明確な分、すべきこと。しなくてもよい事が明確になり、練習に対しての意識も変わる為、練習の強度が全然違ってくるからです。
筋肉なども筋トレをする時にどこの筋肉が動いているか意識しながら動かすと効果が上がるといわれています。
それを身体全体でやっているようなものですね。

ダイエット

ダイエットも目標が大事です。

「最近なんとなく太ってきたからダイエットしないと…」

女の子でしたらよく口にしたり、またはお友達がそう言っているのを聞いたりするのではないでしょうか。

その時に
①いつまでに
②どのくらい(何キロ)
ダイエットをして
③何をしたいか。

これを決めておくだけでダイエットの成功率はぐぐっと飛躍的に上がります。

人間というのは意思の弱い動物なので、決めずにダイエットをスタートしても「今日ぐらいいいか…」となってしまいがちなのです。
そしてそのうちダイエットをしなくなってしまいリバウンドするわけですよね。
目標・価値観を定める事はダイエットの成功率を大きく変化させるのです。

片づけ・掃除

私がツイッターでフォローさせていただいているSHOKOさん という方がいます。

この方はプロの片づけアドバイザーで、お片付けができない家庭のアドバイスなどをしている方で私もお世話になっているのですが、
彼女の片づけのモットーも「価値観」だというのです。

「何の為に片づけをするのか」

「小手先のテクニックや便利な収納グッズはネットを探せばいくらでもある」

「ただ片づけをする意味。価値観を意識していないと、キレイになってもすぐに戻ってしまう」

とおっしゃっています。

これはすごくその通りの話で、片づけをしてキレイな家で何をしたいのか。

子どもがいつ友達を連れてきても大丈夫な家にして、子どもが友達といい関係を築いてほしい。

綺麗になった部屋で午後はゆっくりお茶とお菓子を食べたい。

綺麗な部屋だとあらゆる行動が時短になるから、あいた時間で趣味を満喫したい。

色々あると思いますが、そのような片づけをした結果できるようになること。したいこと。それを決めておく事がとても大事です。

(※SHOKOさんはYoutubeでお片付けの情報を発信しています。ぜひご覧になってください→SHOKOさんのyoutubeはコチラ )

ライフデザインの決め方とは

ライフデザインとは人生の夢、目標、価値観。そのようなものだとお伝えいたしました。

ではそれはどうやって決めていけばいいのでしょう。

ひとつの方法としてカレンダーの裏紙のような大きな白い紙を用意してみてください。

その紙の左側に「好き」。右側に「嫌い」と書いて、あなたが好きだと思うもの、嫌いだと思うものを思いつくままにどんどん書いていってみましょう。綺麗に描く必要はありません。どんどんと書いていきます。

書けたらそれをじっと眺めます。すると自然と共通点のようなものがぼんやりと見えてきます。

あなたがなにが好きで、なにが嫌いなのか。これが人それぞれ違う価値観。です。

価値観がわかれば、そこから自分が本当にやりたい事というのが具現化されていきます。

実はここの作業はやってみるとわかりますが、結構大変で、時間もかかります。自分自身の棚卸ですからね。大変な作業です。

ですが、これをやっておけば実際に節約や投資をしてお金を貯め始めたときに、ターボでもついているかのように貯まるスピードが変わります。

注意点 ライフデザインは家族で決める

以前の記事でもお伝えしましたが、ライフデザインを決めるときには可能な限り、家族全員で話し合った方がいいです。できればお子様も入れて話し合いましょう。なぜならせっかく私の価値観はこうだ!こういう事を将来やりたい!と思い。決めても、奥様や子どもはそう思っていない。むしろやりたくない。と思っているという事がよくあるからです。

そうなってしまうとせっかく決めたライフデザインがまったく無駄になってしまいます。

家族全員で、夢は何か?将来やりたい事は?どんなことにお金を使いたいか?決めていきます。

もっと具体的に言えば

旅行はどのくらいの頻度で行きたいか。マイホームはどうするのか。子どもの進学はどう考えていくのか。何歳まで働いてリタイアするのか。などなどです。

そして決まった事項はライフイベント表(下記)のようにまとめておきましょう。後でライフプランを作る際に役にたちます。

ライフイベント表(記入例)

「お金がなかなか貯まらないな」そんな人はぜひ今までの自分を振り返りつつ、将来の夢をライフデザインを使って考えてみましょう。