こんにちは。三島友紀FP事務所の三島です。

ねんきん定期便はご存じでしょうか?毎年誕生日が近づいてくるとご自宅に届いているかと思いますがもしかしたら中には見ないで捨ててしまっている人もいるかもしれませんね。

そしてライフプランを考える上ではこのねんきん定期便の情報はとても大事なのです
それはなぜでしょうか?引退後の生活を支える基盤になるのが年金ですが、その年金の金額を正しく算出するにはねんきん定期便のチェックがかかせないからです。

例えばあまり年金を詳しく計算せず、単純に現在の受給者がもらっている年金の平均受給額ねんきん定期便から導き出す受給予定年金額はその額に大きな開きがあるのです。詳しく見ていきましょう。

ねんきん定期便って?

そもそもねんきん定期便とはなんでしょうか?

日本年金機構のウェブサイトによるとねんきん定期便とは国民の年金制度への理解を深めて頂くこと等を目的に、毎年誕生月に送付する、ご自身の年金記録を記録した用紙だという事です。

ねんきん定期便は通常は圧着はがきで自宅に届きます。
50歳未満と50歳以上で別々の内容が書かれたものになります。
50歳未満の人はこれまでの加入実績に応じた年金額が表示され、50歳以上の人はこれから先の年金支払額も加味した年金見込額が表示されています。
また、35歳。45歳。59歳という節目の年にははがきではなく封書でこれまでの全期間の年金記録情報が記載された書類が届きます。

通常時の圧着はがきでのねんきん定期便では
①これまでの年金の納付額
②これまでの年金加入期間
③これまでの加入実績に応じた年金額
④過去1年間の年金の加入状況
などがわかるようになっています。

ねんきん定期便からわかる将来の受給金額は

ねんきん定期便があれば将来受け取る年金額の予定がわかります。

将来、老後に受け取る年金の事を老齢年金と呼びますが、その老齢年金は「老齢基礎年金」「老齢厚生年金」に分けられます。

老齢基礎年金 自営業者から会社員まで国民全員が加入する国民年金に対応した受給年金
老齢厚生年金 会社員や公務員が加入する厚生年金に対応した受給年金

老齢基礎年金は自営業者が受け取る年金で、老齢厚生年金は会社員や公務員の方が受け取る年金という事ですね。もちろん今自営業でも過去に1年以上厚生年金を支払っていた方はそれに応じた老齢厚生年金を受け取ることができます。

それでは年金額を計算してみましょう

①まずはねんきん定期便にてこれまでの加入実績に応じた年金額を確認します。
これでこれまで払った年金額に応じた将来の受給年金額がわかります。

 

②つづいて将来支払う分に対応した老齢基礎年金の金額を計算します。
老齢基礎年金は40年間の加入可能年数を全期間加入していた場合、781,700円/年受け取ることができます。
ということは781,000円÷40年=19,525円となり
1年加入年数が伸びれば、老齢基礎年金の受取額は19,525円増えることになります。この19,525円に(60歳ー現在の年齢)をかければ老齢基礎年金の金額が計算できます。

 

③最後に老齢厚生年金の金額を計算します
将来支払う分に対応した老齢厚生年金の計算はやや複雑で以下の様な計算式となります。

平均標準報酬額×5.481/1000×加入月数

平均標準報酬額とはボーナスも含めた給与の平均額の事です。計算式がやや複雑なので

ボーナス込みの平均給与×0.0055×加入月数 と計算してもいいかと思います。

これで老齢厚生年金の金額がはじき出されます。

実際に計算してみよう

例 35歳会社員。年金定期便によるとこれまでの加入実績に応じた年金額は老齢基礎年金、厚生基礎年金を合わせて50万円。ここから60歳までの平均標準報酬額を40万円とし、退職や転職はせずずっと厚生年金に加入していたと仮定した場合の将来の受給年金額を求めましょう

計算①
ねんきん定期便にてこれまでの加入実績に応じた年金額を確認。
今回の例では合わせて50万円となっているので50万円と致します。

計算②
19,525円×(60歳ー現在の年齢)に現在の年齢35歳をあてはめます。

すると19,525円×25=488,125円となります。
488,125円が将来支払う年金に対応した老齢基礎年金受給額になります。

計算③
平均標準報酬額×5.481/1000×加入月の式に平均標準報酬額40万円をあてはめてみます。

40万円×5.481/1000×(25×12ヶ月)=657,720円

計算④
すべての金額を合計すると500,000円+488,125円+657,720円=1,645,845円となります。

1か月あたり137,153円となりますね。

もっと簡単な方法は

このような計算で将来の年金額を試算することはできますが、もっと簡単な方法があります。
それはねんきんネットを使う事です。

ねんきんネットを使えば今の働き方のまま引退し老齢年金をもらった場合や、途中で転職して収入に変化があった場合の老後の老齢年金額など、詳細な条件を登録して将来の年金額を試算できます。

ねんきんネットを使用するにはユーザー登録が必要です。ねんきん定期便にアクセスキーが印字されています。そのアクセスキーを入力すれば即時ユーザー登録ができます。もしアクセスキーがわからない場合は必要事項の入力後ユーザーIDを郵送して送ってもらう必要があります。

現在の年金の平均受給額は

多くの団体で現在の年金の平均受給額として使われている資料は 厚生年金保険・国民年金事業の概況と呼ばれるものです。
この資料によると65歳以上の男性が受け取っている平均年金受給額は約173,000円。年間207万円。65歳以上の女性が受け取っている平均年金受給額は約109,000円。年間131万円。となります。

先ほどの資産では164万円。が想定される受給金額でしたから207万円と比べると43万円もの違いが出ます。65歳から95歳まで30年間受け取ると計算すると数字の差は

43万×30年=1,290万円となります。

誤差と呼ぶには大きすぎる数字です。

これではいくら老後の生活設計をしていたとしてもまったく意味がありません。

この誤差がどうしても出てしまうので、ライフプランを作成するときにはねんきん定期便を用意していただきたいのです。

まとめ

①毎年届くねんきん定期便には今までの加入実績や加入実績に応じた年金額など大事な情報がある。
②ねんきん定期便を元に将来受け取る年金を計算することができる。
③ねんきんネットを使うともっと簡単に計算ができる。
④現在のお年寄りの方が受給している年金額との差はとても大きい

年金は老後の生活設計においてとても大事な要素です。
その年金計算を現在の平均額で求めてしまうと大きな計算間違いをしてしまいますし、個人個人の収入によって将来の年金額も変わりますので一人一人に合わせて計算しないといけません。

ねんきん定期便があればこの記事の流れにそっていけばすぐに計算することができますし、ご自分で計算するのが大変であれば専門家に問い合わせてみていただけたらと思います。