離婚における大きな悩みの一つは離婚後にきちんと生活できるかどうかという悩みです。

家賃、生活費は払っていけるか
子供の学費は用意できるのか
老後の貯蓄はできるのか

また我慢ばかりの生活では息がつまりますから
たまの旅行など息抜きをする余裕はあるのかどうか。

経済的にそれらのお金をきちんと用意できるのかどうかで離婚後の生活は大きく変わります。

離婚をして幸せになるはずだったのに、経済苦でこんなはずじゃなかった。という事になってしまえばはたして離婚は正解だったのでしょうか?

生活費に追われ、親や親族に頼る事もできず、生活苦で借金を重ね、人生を楽しむ余裕なんてない。そのような事にならない様に、離婚前にはぜひ①財産分与②養育費③ライフプランをしっかりと考えておいていただきたいと思います。

①財産分与

財産分与とは

婚姻中に夫婦の共有財産として築いてきた財産を離婚に伴い2人で分けることをいいます

ここでよく勘違いしやすいポイントが二つあります。

一つは名義がだれであるかは分ける際に考慮にならない点。

もう一つは夫婦どちらが収入を得ていたかは関係ない。という点です。

例えば車や住宅などは車検証や登記簿に所有者の名前が記載されます。
しかし法律上夫婦が婚姻期間中に手に入れた財産は夫婦の共有とみなされるので、名義がどちらであったとしても夫婦どちらも権利を主張できます。

また専業主婦の方で外で働いて収入を得ていなかったとしても財産分与においては不利にはなりません。内助の功という言葉がありますが、配偶者が外で働いて稼いでくることができるのは専業主婦の方が家を支えていたから。と考える事ができるので専業主婦の方でも夫婦共有の財産の半分の権利を主張する事ができます。
(よほど特殊な才覚によって収入を得ていたようなケース(医者やスポーツ選手、一代で巨額の財を築いた実業家など)以外は財産分与は50対50が基本です)

②養育費

子供がいる夫婦の離婚にとって養育費はとても大事な決め事です。

養育費は子供の権利です。

養育費の支払いは子供が最低限の生活ができる為の扶養義務ではなく、それ以上の内容を含む生活保持義務だと言われています。生活保持義務とは自分の生活を保持するのと同じ程度の生活を、扶養を受ける者にも保持させる義務の事です。

つまり自分の生活と同等の生活が子供にも提供できるように金銭的な支援をしなければならないのです。養育費は「金銭的に厳しいから今は払えない」という性質なお金ではなく、【生活レベルを下げてでも支払わないといけないお金】といえます。

仮に月5万円の養育費だとしても子供が20歳になるまで続く長い支払いです。

子が2歳の時に離婚したとしたら

5万円×12ヶ月×18年間=1,080万円という莫大な金額になります。

 

離婚後の生活を支える大事なお金になりますので、時間をかけてゆっくりと話し合いましょう。

養育費の金額についてはこちらの記事も参考にしてください。
養育費。算定表で基準を知ろう!

③ライフプラン

ライフプランとは人生設計。人生計画の事です。人生の設計図。計画表のような意味合いです。

≪作成途中です≫