こんにちは。三島友紀FP事務所の三島友紀です。

豪雨被害ですが九州だけでなく、岐阜や長野でもひどい惨状になってしまいました。私は岐阜の飛騨高山は旅行で行ったことがありその風光明媚な景色をとても気に入っていたのですが…残念でなりません。

せめて少しでも被害が少なく、犠牲者が少なく済むことを祈るばかりです。

さて、本日ですが離婚における夫婦の話し合いはどういった場所で行うか?という点について私の考えをお伝えしたいと思います。

「そんなのプライベートな話なんだから家で話すにきまっているでしょう」という意見が多いですね。そのとおりだと思います。ただ例外もあったりするのでどうぞお付き合いください。

最後に私がおすすめする場所もお伝えいたします。

離婚相談の場所

離婚相談、話し合いは夫婦二人で行うにしても、第三者と一緒に行うにしてもかなりプライベートな話になってしまいます。基本的にはあまり他の人に聞かれたくない話題でしょう。

そんな話をどこでするのかは意外と大事です。
場所によって話し合いがスムーズに進むかどうかも実は左右されるのです。

場所を選ぶ時には大きくわけると3種類の中から選ぶ事になります。

①自宅
②自宅以外の個室(第三者の事務所など)
③外の店舗(喫茶店。ファミレスなど)

①自宅

一番手間もお金もかからない方法です。リラックスして話し合うことができる場合もあるので自宅で離婚相談をしているご夫婦も多いのではないでしょうか?
誰にも邪魔されることもないので話しやすい環境といえます。

ただ誰にも邪魔されないというのが時にデメリットになる場合があるので、その点は注意が必要です。誰にも聞こえない。という事は誰にも助けてもらえない。という事です。
怒りっぽい人やDVをしていた相手であれば離婚相談中に何かのスイッチによって急に怒りだしてしまい話しあいにならないという場合があります。

②自宅以外の個室

離婚相談を行政書士や弁護士など第三者に頼んだ場合はその事務所。また、自宅は子供がいるので話し合いができないという事で外の貸会議室やカラオケボックスなどの個室を借りて話し合いするという話も聞いたことがあります。

まず第三者の事務所。これはかなりおすすめかと思います。プライバシーも保たれていますし、第三者がいれば話し合いの最中に怒ってしまうような事も一定のブレーキがかかるのではないか。と思います。費用が掛かる事もありますが多くの場合離婚協議を行政書士や弁護士に受任している場合、受任業務の中でうまくやってくれることも多いです。

カラオケボックス等の個室もプライバシーは保たれていますが、話し合いが上手くいかなかった場合に怒ってしまう予防には不向きです。

③外の店舗

外の店舗。喫茶店やファミレスなどですね。実は意外とアリだったりするのがこういったお店です。

喫茶店の場合はタリーズやドトール、スタバの様な狭くて込み合っている店舗は不向きですが、コメダ珈琲店や星野珈琲店のように一席一席が囲われていて半個室になっている場所はいいと思います。ファミレスも席が囲われているところが多いのでいいと思います。
喫茶店やファミレスはある程度周囲がガヤガヤしているので話し合いしている内容までとなりの席の人が聞いているという事は少ないです。また、人が大勢いるので話し合いが上手く行かないときでも大声で怒鳴ったり暴力を振るわれるという事がまずありません。

プライバシーの面から無しと結論付ける前に一度行ってみるといいと思います。

私が考えるおススメ相談場所

ここまで、自宅。外の個室。外の店舗と3種類見てまいりました。
これを踏まえて私のおすすめの場所をご紹介したいと思います。それは

ホテルの1階によくあるラウンジです

まず静かで落ち着いた雰囲気なのでゆっくりと話しができます。

そして、隣のテーブルとの距離が喫茶店などと比べてかなり広くとられているのでプライバシーも守られています。

さらに店舗の従業員や他の客がいるので大きな声を出したり暴力をふるう事に対しブレーキがかかる事が期待されます。

珈琲一杯800円などと少しお高めですが、かなりおすすめですのでぜひ利用してみてください。

私がお客さまと面談するときもたまに使用します。いいですよ。

まとめ

配偶者との間で離婚の相談をする時にはプライバシーを保ちつつ配偶者が激高してしまった時の対応も考えましょう!

自宅 メリット 手軽・リラックスできる・プライバシーが守られる
デメリット 配偶者が激高した場合なだめるのが大変・話合いの時間が長くなる傾向が強い
外の個室 メリット 第三者の事務所であれば配偶者が激高するのを防げる・プライバシーが守られる
デメリット 費用がかかる場合がある
外の店舗 メリット (場所を選べば)リラックスでき配偶者が激高するのを防げる。プライバシーも守られる
デメリット 場所選びに失敗するとプライバシーが全く守られない