こんにちは。東京都小平市のみしま行政書士事務所/三島友紀FP事務所の三島友紀です。

離婚でお悩みのお客様。何から手をつければよいかわからない場合、ぜひ一度離婚専門のみしま行政書士事務所へお問合せくださいませ。行政書士として法律・手続面から。FPとして財務・家計面からあなたをサポートいたします。

このページでは小平市の住民の方に向けて弊事務所の離婚に関するサービスメニューをご紹介させていただきます。

小平市の方への離婚協議書作成メニュー

離婚協議書作成メニュー

サービス メニュー ご料金

離婚公正証書作成業務

1、公正証書離婚協議書の原案作成
2、公証役場との事前打ち合わせ
3、離婚協議書作成にあたっての相談・助言
4、その他離婚後の生活に関しての相談・助言
75,000円+消費税

(別途公証役場への手数料が発生いたします)

離婚協議書作成業務 1、離婚協議書作成業務
2、離婚協議書作成にあたっての相談・助言
3、その他離婚後の生活に関しての相談・助言
60,00円+消費税
公正証書作成時の同行サポート 公正証書離婚協議書を作成する際に弊事務所が同席して、お客様の公正証書作成をサポート致します。 10,000円+消費税
公正証書作成時の代理人就任 公正証書作成時に夫婦双方で行かなければならないところ、様々な理由から2人で行くのが難しい場合に、弊事務所が代理人となって公証役場へ同席します。 15,000円+消費税

離婚協議書作成メニューは離婚協議書に関する手続一切をお任せいただくコースです。離婚協議書には私文書である離婚協議書と、公正証書にした離婚協議書があります。どちらを選ぶかはお客様のご判断ですが、養育費や慰謝料などの金銭の授受が発生する場合は公正証書にしておくのが安心といえます。

お客様は離婚協議書の作成で悩む事はもうありません。すべて国家資格者である行政書士にお任せいただければと思います。(紛争性があると弊事務所が判断した場合弁護士法に抵触しますので業務を中止いたします)

※別途実費(公証役場への手数料、書類取得に必要な手数料や郵送料、交通費)が発生する事があります。

個別サービス

サービス 内容 ご料金
示談書作成業務 浮気等により夫婦関係に問題が生じた時、その解決方法を【示談書】という形で文書に残します。
別途有料で公正証書にする事も可能です。
30,000円+消費税
内容証明郵便の作成 浮気相手や別居中の配偶者に内容証明郵便の作成を致します。 20,000円+消費税
離婚後のライフプラン作成 離婚後の生活は不安がつきものです。ライフプラン表を作り。将来の収入、支出を把握し安心をお作りします。 45,000円+消費税
離婚協議書添削サービス すでにお客様ご自身で離婚協議書を作られている場合、その離婚協議書の内容に漏れがないか等、添削致します。 18,000円+消費税

すでにお客様ご自身が離婚協議書についての知識が相当ある場合や離婚協議書以外のサポートが必要な場合は個別サービスがお安くなっており便利です。
例えば離婚協議書を作ろうにも相手がなかなか交渉のテーブルについてくれない場合に、【内容証明郵便】を送る事はこちらの本気度を示す手段として有効です。もし裁判で訴えられたらどうしよう…と考え、交渉のテーブルにつく事が期待できます。

また、厚生労働省が公表する「平成28年国民生活基礎調査の概況」の「各種世帯の所得等の状況」によると、平成27年のひとり親世帯の相対的貧困率は50.8%となっています。
(相対的貧困率は可処分所得の半分未満の所得しかない状態の世帯の事を言います。)
日本のひとり親世帯に対する状況はきわめて厳しく、ライフプランもなしに生活をしていくのは嵐の中を海図もコンパスもなく手漕ぎボートで進むようなものです。
そのサポートの一環として弊事務所では離婚後のライフプランを策定し、支出や収入を見える化し、将来の不安を安心に変えるお手伝いを致します。

※別途実費(書類取得に必要な手数料や郵送料、交通費)が発生する事があります。

個別相談(時間あたり)

特に相談内容がきまっていない状態での相談は1時間あたり5,000円(税別)で承っております。その後何かしらの書類作成業務などに進んだ場合はそのご料金から5,000円を引かせていただいております。

サービス 内容 ご料金
メール相談・15分程度の電話相談 メール・LINE・SNSのメッセージなどの相談。15分程度の電話を利用した簡単な相談。 無料
15分を超える電話相談。オンラインや対面でのご相談 5,000円/1時間

お役立ちリンク

離婚を決断する前にするべき2つの事

離婚の種類。~協議、調停、裁判~

協議離婚。これさえ知っておけばもう迷わない

離婚後に必要な諸手続き24選