こんにちは。三島友紀FP事務所の三島です。バタバタとして気づけば前回の更新から半月も経ってしまいました。その間に世間では新年号で令和が発表されたり、新しい紙幣が発表になったりと、世の中が大きく動いた半月だった様な気がします。さて、今回ですがお金の管理の方法について書かせていただきます。皆さんおそらくほとんどの方がお金を貯めたい。と思っているかと思いますし、節約などに興味があると思います。そこで参考までに我が家の家計管理の方法を公開したいと思います。試行錯誤の結果たどり着いた方法です。よろしければご覧ください。
※我が家では夫の私が家計を管理しております。

家計簿って面倒くさい

いきなりですが私って実は結構面倒くさがりなんです。やる時はやるけどやらない時はとことんやらないタイプ。仕事ならともかく、プライベートで毎日コツコツというのは実は結構苦手なんです。(これでもだいぶ改善されてきたのですが)

そんな私ですから、今まで数々の家計簿を試してみましたのですが続いた試しがありません。毎日書くのがめんどくさい。そのうちにレシートが溜まりに溜まってしまい重い腰をあげて書き始めますが、当然筆は進みません。こんな事では続くわけもありません。ノートに手書きで書いたり、エクセルに打ち込んでみたり、本屋で『簡単!できる!家計簿』のような本を買ってやってみたり色々試しましたが全て長続きせず駄目でした

家計簿アプリこれならできるか!?

紙の家計簿がダメならという事で、スマホで入力するアプリも何個か試しています。

長く続いたのはマネーフォワードと、ザイム。私が使っていた時はマネーフォワードはレシート撮影には非対応でしたが、今は対応しており、レシートを撮影するだけで日付、店、金額、費目などが自動入力され、それぞれの費目ごとに集計、グラフ化されるというとても素晴らしい機能を持っています。ザイムもほぼ同様の機能を持ちます。

ではそんなに素晴らしいのになぜ続かなかったのか。それは理由はいくつかありますが、ひとつあげるならば銀行口座との連携という便利機能に私が対応できなかった事からです。

このあたりは詳しく説明できるほど私がしっかりマネーフォワードを使っていなかったのですが、アプリには銀行口座をあらかじめ設定して連携しておくことで、今の銀行の残高や、口座を利用した時の口座残高の増減も自動的に更新されるようになる機能があります。そしてその設定が不十分だと口座から現金を下ろし別口座に移したりしているうちに、財布の実際の中身とアプリ内の現金残高との間に誤差が生まれてきてしまいます。最初は小さな誤差なのですがだんだんと大きな金額の差になってきて、やる気を失っていくのです。(今は改善されてるのかもしれませんが、結構設定がめんどくさかった記憶があります)

今現在はザイムは小遣い管理に利用しておりますが、銀行口座との連携はしておりません。

たどり着いたのは

そんな手書きやアプリの家計簿を経て私がたどり着いたのは家計簿をつけないという結論でした。代わりに行っているのが、こんな方法です。

そういわゆる袋分け管理です。とはいってもめんどくさいのは続かないので、基本的にメインの袋分け財布(写真左上)に入れるのは食費・日用品・外食費すべて合わせ週ごとの予算で入れてます。(ちなみにこの財布は妻が女性誌の付録で手に入れたものです。それ以前は百均のシンプルなものを使っていました)

もうひとつのサブファイル(写真右上)には年に1回の出費の積立や、被服費、レジャー費など、毎月決まった金額が発生しないものを入れています。

会社員の方という前提で使い方をお伝えすると

1.給料日にお金が入金されたら引落専用口座へ引落金額を振込

家賃や、保険料光熱費保育園代など、毎月決まった支払いってありますよね?お給料が振り込まれたその日に引落し用の別口座にその額を振り込んでしまいます(もちろん振込手数料はかからないようにしておきます)

クレジットカードを使っている方はクレジットカードの引落し分の金額もこの時に振り込んでしまいます。

2.1と同時に貯蓄専用口座に貯金額を振込

貯金をする為の1番大事なポイントは先取り貯金をする事です。生活費などで使う前にお給料が入ったら先に貯蓄分を引いてしまって、その残りで生活するようにしましょう。

その為、貯蓄専用の口座を作っておき、そちらにお金を先に振り込んでおきます。

3.4週間の生活費及びサブファイルに入れておくお金を1,000円札で全て下ろす

先ほどお見せした袋分け財布や、ファイルに入れるお金を銀行からおろします。基本的に銀行からおろすのは月に一度この時だけ。だってめんどくさいじゃないですか(笑)
それに何度も銀行からお金をおろすと手数料を取られる事もありますし、無くなってもまたおろせばいいや。となってしまって無駄遣いにも繋がります。

ここでのポイントは全て1,000円札でおろす事です。なぜかといえば夫婦それぞれ自分の財布を持っていますよね?外出先で夕飯の材料とか、子供用の必要なものを買うことがあると思います。その時には家に帰った時に袋分け財布から、使った分を補充するのですが、その時に補充がとってもしやすいから!です。以前一万円札で普通に袋分けしてた時は、お釣りを翌日に戻して〜とかやっていましたが、忘れてしまったりして家計がぐちゃぐちゃになってしまった事が多発しました。全部千円札にしてからは、それが一切なくなり補充がとてもやりやすくなったのです。
ちなみに千円札を大量におろすので、この時はATMではなく窓口でおろしたほうが楽です。

4.後は基本的に下ろしたお金で生活するだけ!

先ほども言いましたが銀行からお金をおろすのはこの一回だけです。それで1ヶ月乗りきります。
2〜3ヶ月続ければ自信が付き継続できるはずです。まずは続けられる自信をつけるのが先なので、週ごとの予算は少し甘めに。自由に使える予備費なども設けると達成しやすくなりますよ。

まとめ

基本的にめんどくさがりで、自分の事はズボラな私が続けられる方法なので、全ての人ができる方法だと思います。もし実践してみてわからない点や、こうしたらもっとやりやすくなるかも。みたいな事がありましたらぜひメール頂ければと思います。よろしくお願い致します。