こんにちは。三島友紀FP事務所の三島です。皆さんはなにかしら生命保険に入られていると思いますが、どんな内容に入っているかご存知ですか?なかなか保険は難しい商品なので完全に理解している人は少ないなぁというのが私の印象です。私は昨年まで保険代理店に勤めていたので少なくない数のお客様と保険の相談をさせていただき、実際に契約もお預かりしてきましたが、やはり保険に詳しい人の方が圧倒的に少ないです。女性の方がどちらかといえば詳しいのですが、離婚をした直後やシングルマザーの方はどうしても時間がなく、考える時間もとれないので、この記事で最大限にわかり易く。端的に。短くまとめてみたいと思います。

結論。本当に必要な保険は1つだけ!

いきなり結論を申し上げますが、必要な保険はたった一つだけです。その名前は『収入保障保険』

この保険は被保険者が死亡した場合に受取人が月々いくらという形でお金が受け取れる保険です。30歳女性なら保険会社にもよりますが月3,000円もあれば最低限の内容で加入することができます。私の考える最低限の内容は以下の通りです。

  1. 保険金は月10万円に設定する。
  2. 死亡だけでなく障害や介護状態でももらえる内容にする。
  3. 保険期間は一番下の子どもが大学卒業するまでに設定する。

親が亡くなった場合子どもは遺族年金が受け取れます(遺族基礎年金のみであれば月65,000円程度。遺族厚生年金も受け取れるならば月10万円弱くらい)
子どもは実家で養育してもらう可能性が高いと思いますが、この額の遺族年金であれば実家としても経済的に負担です。そのために保険に加入するのですが、よくある亡くなったら3,000万円等という一時金で払われる内容だと毎月の保険料が高いです。収入保障保険であれば保険金の受取は毎月に分割されて受け取るので、かなり月々の負担を抑えることができます。

また、近年医療の進歩で大きな病気、怪我に遭遇した場合でも亡くならないケースが増えてきました。ただ亡くならなかった方がその後どうなったかというと、障害を抱えて社会復帰が難しいというケースも多いのです。収入保障保険の中には死亡時だけでなく要介護状態になってしまった時や、障害を負った時にもお金がもらえるものがあります。これからの時代はそのような内容のものの方が安心かと思います。
※さらに例えば「損保ジャパン日本興亜ひまわり生命」には統合失調症や気分障害等の精神疾患になってしまった場合、一定期間毎月給付金が支給されるような保険もあり、人によっては魅力を感じるかもしれません

そして期間を大学卒業までに区切ることについては、大学を卒業して社会人になれば後は子どもが自分自身で働いて、お金を稼いだり、生活をすることができるようになるからです。大学を卒業した後のことまで親が面倒を見ることはありません。

保険の役割と医療保険

保険というのは「めったに起こることではないけど、起こってしまったらどう頑張っても対応できないもの」についてかけるものだと思っています。火災保険や自動車保険の対人対物保険。それに子どもがいる家庭の生命保険などがこれにあたります。

反対に「よく起こるけど、起きても自分で対応できそう」というものについてはあえて保険でカバーするつもりはありません。そういったものは貯金で対応するのが一番おすすめです。医療保険がこの例の一番わかりやすい部分です。

医療保険は入院や手術があった場合に給付金がおりるものですが、実は日本には「高額療養費制度」というものがあります。これはひと月の医療費がどれだけ高額になったとしても自費診療の部分を除けば限度額があらかじめ決められている制度です。一般的な収入の家庭では限度額は9万円前後となっている為、10万円も超えないのです。
言い換えれば10万円さえあれば病気。事故で入院しても治療費の心配はしなくてもよいのです。ですからその10万円が出せない経済状態でなければあえて医療保険に加入する必要はありません。

まとめ

今回はわかり易く!簡潔に!をテーマにして書かせていただいた為少し短めの更新です。

取り急ぎ、「収入保障保険」にまだ加入していない人はすぐに加入をするべく検討を始めてください。色んな保険会社が商品を出していますので、おすすめ教えてほしいなどあれば無料で教えます。

また収入保障保険以外の保険に加入されている方。それは本当に必要な保険なのでしょうか。証券を一度見てみてください。少しでも加入を続けるのに疑問を持つようなら解約した方がいいかもしれません。ただし、医療保険は必ずしも絶対悪ではありません。加入しておいた方がいい場合などもありますので、そのあたりはまた次回少し長めに書かせていただきます。

お読みいただきありがとうございました。