こんにちは。三島友紀FP事務所の三島です。

今日は相続の基本として法定相続分についてご説明したいと思います。

法定相続分とは

法定相続分とは法律(民法)で定められた遺産の分割割合の事です。
人が亡くなるとその人が持っていた権利義務はすべて相続人に相続されます。相続人が一人しかいなければその相続人が亡くなった方の権利義務をすべて承継することになるのですが、相続人が複数いる場合はどのようにわけるかが問題となります。

基本的にはどのような割合で分けてもそれは自由です

子どもが3人いたとして長男がすべての遺産を相続し、次男・三男は一切相続分は無し。という形でも本人たちが納得していれば問題ありません。ただし争いになってしまうケースもあるので一定の目安として、そして争いになってしまった時の分割の基準として、民法で定められております。

法定相続人とは

法定相続人とは法律(民法)で定められた相続人の事です。
法定相続人の考え方はいたってシンプルです。出てくる登場人物は①配偶者②子供③親④兄弟姉妹の4人です。

①配偶者

配偶者はどんな場合であっても法定相続人となります。一番強い立場と覚えておきましょう。ただしこの配偶者とは実際に籍を入れた妻または夫でなければいけません。事実婚や同棲相手。またLGBTの方の様に同性同士のカップルなどは配偶者として法定相続人とはなりません。

②子供

子供は配偶者と同じ強さの相続人としての立場を持っています。(第一順位の相続人と呼びます)
配偶者と子供がいる被相続人は配偶者と子供が法定相続人となります。また被相続人よりも先に子供が亡くなっていてその直系卑属(被相続人からすれば孫)がいた場合はその直系卑属が相続人となります。(代襲相続)

③親

親は子供の次に強い立場の相続人です。(第二順位の相続人と呼びます)
被相続人に子供もその直系卑属もいなかった場合に親(親が亡くなっていた場合で祖父母が存命の場合は祖父母)が法定相続人となります。

配偶者はいるが子供がいなかった場合は配偶者と両親が法定相続人となります。

④兄弟姉妹

兄弟姉妹は一番弱い立場の相続人です。(第三順位の相続人と呼びます)
被相続人に子供(直系卑属)も親(直系尊属)もいなかった場合にのみ法定相続人となります。

そして兄弟姉妹が被相続人より先に亡くなっていた場合は兄弟姉妹の子供(被相続人からみたら甥、姪)が相続人となります(ただし兄弟姉妹は立場が弱いので甥、姪のさらに子供にまで代襲相続の効果は及びません)

配偶者がいて、子供も親もいなかった場合は配偶者と兄弟姉妹が相続人となります。

法定相続分のルール

ここまで見てきた4つの立場(配偶者。子供。親。兄弟姉妹)の相続人間でどのように遺産を分けるのか民法ではきちんと規定されています。この規定も順番に考えていけばいたってシンプルです。

手順1 配偶者と子供が存在するか確認

配偶者は常に相続人です。そしてその子供(子供が先に死亡しており孫がいる場合はその孫)も第一順位という強い立場の相続人の為相続人になります。
このケースは配偶者と子供は同じくらいの強さの立場なので分割割合は

配偶者 1/2 : 子供 1/2

となります。

また、子供が複数いる場合は子供の分割割合をさらに子供の人数で割ります。

配偶者 1/2 : 子供① 1/4
          子供② 1/4

手順2 子供がいなければ親、親もいなければ兄弟姉妹が存在するか確認

被相続人に子供がいなくて配偶者と親。または配偶者と兄弟姉妹で遺産分割をするようになった場合はどのようにすればよいのでしょうか?

配偶者と親では子供と違って配偶者の方が立場は強いです。
その為遺産分割割合も配偶者の方が多くもらえるように規定されています。このような感じです。

配偶者 2/3 : 親 1/3

子供の時は配偶者と子供は1:1の割合でしたが、親の場合は配偶者の方が多くもらえるようになっています。そしてこの時も親が2人(父・母)存命だった場合はその人数でさらに分けます。

配偶者 2/3 : 父親 1/6
          母親 1/6

親もいなくて兄弟姉妹が分割に入ってくる場合は親よりもさらに立場が低くなります。

配偶者 3/4 : 兄弟姉妹 1/4

となります。そして兄弟姉妹も複数いる場合はその人数でさらに1/4を分けます。

配偶者 3/4 : 兄弟姉妹① 1/8
          兄弟姉妹② 1/8

手順3 イレギュラーケースを考えよう

家族関係にはイレギュラーなケースが存在します。
離婚。養子などがそれらのケースにあたります。そのような場合にあたるときは上記で説明した計算方法どおりにいかない場合があるので調整することが必要です。

たとえば、再婚して配偶者の連れ子が自分の子供になった場合

この場合は再婚しただけでは連れ子と自分との血縁関係はありませんので子供といえど相続人になりません。その子供とことができます。

また子供も親もいなかった場合に兄弟姉妹が相続人となりますが、民法では「その兄弟姉妹の中に父母の双方が同じ者と父母の一方のみが同じ者がいる場合は、後者の相続分は前者の1/2となる」という規定があります。

例えばあなたには2人の姉がいます。1人の姉は父親も母親も同じで子供の頃からずっと一緒に過ごしていた姉。しかしもう1人の姉はあなたが中学生の頃に両親が離婚し、父親と再婚相手との間に生まれた姉です。このようなケースでも後者の姉にもあなたの遺産を相続する権利があるのです。

ただ、前者の姉と後者の姉と同じに扱うのは不公平だという事から、後者の姉の相続分は前者の姉の1/2になるように調整します。

父母が同じ親の兄弟姉妹 2/3 : 父母の一方のみが同じ親の兄弟姉妹 1/3

また被相続人の妻のおなかにまだ生まれていない胎児がいた場合もイレギュラーケースです。

この場合胎児が生まれる前でも相続については権利が発生することになるので、生きて無事生まれてきたら相続人として遺産分割を受ける事ができます
実務上は無事生まれるまでは遺産分割をするのは待つ事がほとんどです。

まとめ

法定相続分を計算するにはまず法定相続人を確定させることがなによりも大事です。

そして法定相続人に①配偶者②子供③親④兄弟姉妹の中で誰がいて誰がいないのかを見極めれば割合を出す事はたやすいと思います。

配偶者と子供は1/2ずつ
配偶者と親なら2/3と1/3
配偶者と兄弟姉妹なら3/4と1/4

そして配偶者を除いた同立場の人が複数いた場合はその人数でさらに割る。

この流れで法定相続分は導き出すことができます。