小平市のみしま行政書士事務所の三島友紀です。

相続が起き、それが金融機関に伝わると被相続人の預金口座は凍結となってしまい、解約や名義変更などを行うには所定の手続きを踏む必要があります。

今回は金融機関の中でもとても口座数の多いゆうちょ銀行における相続手続の流れをご説明します。

ゆうちょ銀行の相続手続の流れ

故人の口座が確定している場合

1、相続確認表を最寄りのゆうちょ銀行窓口へ提出

2、ゆうちょ銀行より「必要書類のご案内」が送付されてくるので受け取る

3、必要書類を収集

4、収集した書類をゆうちょ銀行窓口に提出

5、相続払戻し金を受け取る

故人の口座が確定していない場合

1、ゆうちょ銀行窓口に貯金等照会書(相続用)を提出

2、ゆうちょ銀行より照会結果が郵送されてくるので受け取る。

3、照会結果を元に相続確認書を作成。提出。

4、ゆうちょ銀行より「必要書類のご案内」が送付されてくるので受け取る

5、必要書類を収集

6、収集した書類をゆうちょ銀行窓口に提出

7、相続払戻し金を受け取る

相続人の口座が不明な時は照会をまず先にかけて、「ゆうちょ銀行」にいくつの口座を所有していてその口座番号は何番でいくら残高があるのかを調べておく必要があります。

貯金等照会の手続以後は共通の手続となっておりますので、ここでは故人の口座が確定していない場合の例を元に以下で解説させていただきます。

1、ゆうちょ銀行窓口に貯金等照会書(相続用)を提出

故人がゆうちょ銀行に口座があるかわからない。
通帳が見つからないので口座番号はわからない。
複数口座を持っていたので全部の口座を調べたい。

そんな時はゆうちょ銀行窓口に貯金等照会書(相続用)を提出して故人がゆうちょ銀行に保有していた口座の調査を行います。

貯金等照会書(相続用)のダウンロードはこちらから
shoukaisho.pdf (japanpost.jp)

また調査の際には相続人である事の証明が必要になりますので最低限の戸籍謄本は用意しておきましょう(この段階では全相続人の確定までは必要ありません。あくまで窓口に提出する人が被相続人の相続人だと証明できれば大丈夫です)

2、ゆうちょ銀行より照会結果が郵送されてくるので受け取る。

1~2週間ほどで調査結果が送られてきます。
調査結果には、被相続人の「貯金種類」「記号番号」「残高」が記載されています。(調査の結果口座がなかった場合はその旨が記載されます)

その記載を元にして次の相続確認表を記入し提出します。

3、照会結果を元に相続確認書を作成。提出。

ウェブサイトより相続確認書をダウンロードして窓口へ提出します。

この段階でも戸籍謄本などが揃っていなくても大丈夫です。
被相続人が亡くなった事と、相続人である事の証明ができれば大丈夫ですので、被相続人が亡くなった事がわかる戸籍謄本。窓口へ持っていく人と被相続人との関係がわかる戸籍謄本本人確認書類を持っていきましょう。

また遺言書がある場合や遺言執行者がある場合、行政書士など代理人に依頼する場合で書き方が変わりますので注意しましょう。

相続確認表のダウンロードはこちらから
souzokukakunin1604.pdf (japanpost.jp)

4、ゆうちょ銀行より「必要書類のご案内」が送付されてくるので受け取る

1~2週間待つと必要書類のご案内が送られてきます。
中には必要書類の案内や注意点、書類の収集方法など複数の紙や冊子が入っていますのでしっかりと確認しましょう。
各相続人全員の署名捺印が必要な書類もあるのでそちらにも記入が必要です。

5、必要書類を収集

そして戸籍などの書類収集に入ります。
ケースによって必要書類は変わるのですが一般的には

被相続人の出生から死亡までの戸籍一式。
(相続人が兄弟姉妹の場合は被相続人の親の戸籍も一式必要)
相続人全員の現在有効な戸籍
相続人全員の印鑑証明
代表相続人の身分証明書
通帳およびキャッシュカード

などが必要になります。

6、収集した書類をゆうちょ銀行窓口に提出

すべて書類が用意できたら、ゆうちょ銀行の窓口に書類をすべて持っていき確認してもらいます。
問題がなければ窓口で戸籍などはコピーを取ってくれるので原本は持ち帰ります。
ただ戸籍の有効性などの審査は窓口ではなく事務センターで行うので不備などに備えて原本をすぐ処分することのないようにしましょう。

7、相続払戻し金を受け取る

事務センターで不備なく手続が完了すれば相続人の預金口座の払戻しがされます。

ゆうちょ銀行の場合は代表相続人のゆうちょ銀行の口座に振込という手続が一般的です。

代表相続人がゆうちょ銀行の口座がない場合は新たに作ってほしいと依頼される場合があります。また払戻証書という紙を受け取り、その紙を窓口に持っていくことで現金と引き換えてもらえる方法もあります。

まとめ

手続き自体はそこまで難しいものではありませんが、戸籍の収集がなかなか一般のお客様には馴染みがなく難しい点や平日に何度も郵便局に足を運ぶ必要があり大変だと感じるお客様は少なくないでしょう。

もし手続に不安があったり、確実に素早く手続を終わらせたい場合はみしま行政書士事務所にぜひご依頼ください。

お客様にやっていただくことは委任状の記入と印鑑証明書の取得くらいですので丸投げで大丈夫です。
もしご自身でお手続きする時には上記の内容とゆうちょ銀行のウェブサイトを見ながら、ゆうちょ銀行の窓口の人と相談しながら進めながら行っていきましょう。