人が亡くなると、不動産や銀行口座と同じように車の相続手続が必要です。

相続手続を行っていないと毎年の自動車税も故人あてにずっと請求が来ますし、将来車の買い替えの時に遺産分割協議をやり直さなければいけなくなったりと何かと不都合が多くなりますので忘れずに行う様にしましょう。

とはいっても自動車の名義変更にはナンバーを外したり、車庫証明を取ったりと馴染みの薄い手続が多く、平日の多くの時間がとられてしまいます。

この記事では自動車の名義変更を行う時の流れについてご説明します。この流れの通り行っていただければ自動車の名義変更をご自分で行う事ができるようになるはずです。

自動車の名義変更の流れ

1、遺産分割協議

2、遺産分割協議書の作成及び必要書類の収集

3、(使用の本拠地が変更になる場合)車庫証明書の申請、受領

4、(希望ナンバーや図柄ナンバーを申請する場合はナンバーの申込)

5、陸運局に書類を持っていく(ナンバー管轄が変わる場合は車を持ち込む)

6、新しい車検証(及び新しいナンバー)を交付してもらう

それではひとつずつ見ていきましょう。

1、遺産分割協議

自動車を相続するときも当然遺産分割協議が必要になります。自動車を誰の名義にするのか。もしくは共同名義にするのか。相続人全員で話合いをしましょう。もちろん遺言書が残っていれば遺言書に従い手続することができますので、遺産分割協議は不要です。

(以下の流れの説明では自動車を単独所有した場合の手続をご説明いたします)

2、遺産分割協議書の作成及び必要書類の収集

遺産分割協議が終わればその内容を遺産分割協議書にまとめましょう。
自動車以外の財産の分け方も記した遺産分割協議書を手続きの時に使ってもよいですし、自動車だけA4の紙に別途記載し手続きに使用してもかまいません。
手続きの際には遺産分割協議書のコピーを提出しなければならないので、自動車だけ単独の遺産分割協議書を作った方が手続の時はかさばらないで済むとも言えます。

また同時に必要な各書類を揃えましょう。

①被相続人の死亡が記された戸籍謄本
②被相続人と相続人全員の関係性が載っている戸籍一式
③相続で譲り受ける人の印鑑証明

この3点を取得する必要があります。

3、(使用の本拠地が変更になる場合)車庫証明書の申請、受領

新しく譲り受ける相続人の所在地と、現在の自動車の車庫が2km以上離れている場合は新たに車庫証明書を取得する必要があります。

車庫証明書は自動車一台一台に決められた自動車の保管場所がある事を証明する書類です
車庫として登録できるのは使用の本拠の位置(一般に名義人の住所)から直線距離で2km以内の駐車場として使える土地と決められているため、被相続人と譲り受ける相続人が同居のケースや非常に近くに住んでいる場合は車庫証明の手続は必要ありませんが、遠方に住んでいる人に名義変更する場合などは車庫証明を取得する必要があります。

車庫証明は車庫を管轄する警察署に行き申請を行います。
新規申請の場合は平日で中2日ほど(月曜に申請したら木曜日)に車庫証明書が出来上がりますので受け取りにいきます。

4(希望ナンバーや図柄ナンバーを申請する場合)ナンバー申込

自動車のナンバープレートには運輸支局ごとに地名が記載されています。(東京なら品川・練馬・足立・世田谷・杉並・八王子・多摩(ご当地ナンバーを除く))
この運輸支局の管轄をまたいで名義変更する場合にはナンバーの変更が必要になります。
例えば港区や品川区にお住まいの人のナンバーは品川ナンバーになりますが、その車を八王子に住んでいる相続人が譲り受ける場合はナンバーの変更が必要になります。

単なるナンバーの変更だけであれば事前に申込せずそのまま陸運局に申請にいけばよいのですが、せっかくだから「1122(いい夫婦)」や「・・・3」「7777」などゴロのよい番号や自分の誕生日や結婚記念日の日付に即したナンバーにしたいという人もいると思います。

また平成30年10月1日から図柄ナンバーというナンバーもできました。その地域にあわせたイラストなどがナンバープレートに描かれたナンバーになっておりますので、もしこのようなナンバーを希望する場合は事前申込が必要です。

下記のサイトから申込を行い、手数料を振込み陸運局でナンバーの用意ができたという連絡がきてから手続にいきましょう。

希望番号申込サービス(GCAA0101) (kibou-number.jp)

図柄ナンバー申込サービス(GKAA0101) (graphic-number.jp)

5、陸運局に書類を持っていく。
(ナンバー管轄が変わる場合は車を持ち込む)

全ての準備ができたら陸運局に書類を持っていきます(又は車を持ち込む)

持っていくものは先ほど必要書類の収集でご案内したものも含めて以下の8点が必要になります。

①被相続人の死亡が記載された戸籍謄本
②被相続人と相続人全員の関係が記載された戸籍一式
③遺産分割協議書または遺言書
④譲り受ける人の印鑑証明
⑤(車庫が変更になる場合)車庫証明書
⑥(希望ナンバーや図柄ナンバーを申し込んだ場合)
予約センターからのメールを印刷した紙(またはメールに記載された受付番号のメモ)
⑦(代理人の場合)委任状
⑧認印

これらを持って管轄の陸運局に行き「移転登録申請書」「自動車税申告書」「手数料納付書」をもらい記入して提出します。記入方法などの見本は陸運局においてありますのでそちらを参考にご記入ください。手数料は印紙で支払います。印紙販売窓口に行き所定の手数料分を支払い、手数料納付書に印紙を張り付けましょう。

なお希望ナンバーや図柄ナンバーの申込をした場合は提出前に併設されている「予約センター」にて「希望番号予約済証」を受け取り、「申請書」と一緒に提出しましょう。

6、新しい車検証(及び新しいナンバー)を交付してもらう

窓口に書類を提出したら新しい車検証が出来上がるのを待ちます。混んでいる時は1時間以上待たされる事もありますので気長に待ちましょう。

車検証ができたら、税申告。そして必要があればナンバー変更の手続を行います。

自動車からナンバーを外して窓口に持っていきそのナンバーと引き換えに新しいナンバーを受け取ります。ナンバーの外し方は職員の方が教えてくれるので車を傷つけないように上手に行ってください。最後に駐車場にいる職員の方に声をかけて「封印」をしてもらえば手続は全て終了します。

まとめ

自動車の名義変更には警察署や陸運局に平日に複数回足を運ぶ必要があります。

そして車庫証明書や登録申請書など普段馴染みのない書類を作成したり、ナンバーを外すなど場合によっては車を傷つけてしまう作業も伴います。

もしご自身で行うのに自信が持てなかったり、平日に時間が取れないような場合は弊事務所へお問合せください。行政書士は官公庁へ提出する書類の作成業務や提出代行を行える唯一の資格となり、自動車の名義変更や登録ができる唯一の資格でもあります。

ご自身で手続をする場合は警察署や陸運局の窓口の人に「初めて来ました」と伝えてやり方を教えてもらいながらやってみてください。できれば陸運局に行く日は丸一日時間に余裕がある日を作って行くとよいと思います。